• TOP
  • 書籍一覧
  • 書籍:色川大吉対談集 あの人ともういちど
色川大吉対談集 あの人ともういちど

色川大吉対談集 あの人ともういちど

内容紹介

1970年代後半から最近に至るまでの歴史家色川大吉の異色対談集。女優あり作家あり、原発の告発者あり。石牟礼道子、阿部謹也、先ごろ没した安丸良夫ら愛蔵すべき対談の数々。

目次

色川武大:イロイロ対談
高峰秀子:歌は心、歌はひと
山崎朋子:新しい女性をめざして
佐藤忠男・山崎朋子:映画と女性史から語る「昭和」
石牟礼道子:海と空のあいだに
土本典昭:水俣病の現在と不知火海の心
松谷みよ子:あなたも語り手、私も語り手
宮本常一:生きざまを掘り起こす-黙々と日陰て歴史を創り続ける
安岡章太郎:歴史への感情旅行-自由民権期の人びと
井上幸治・金子兜太:秩父事件をめぐって
鹿野政直・安丸良夫:私たちの半世紀-民衆思想史とともに
阿部謹也:歴史研究と叙述の方法
田辺勝美:中央アジアの再発見-〝辺境〟への憧憬
村上勝彦:中国辺境のなかで考える-人・文化・民族
広瀬隆:無知が国を滅ぼすとき-田中角栄と放射性廃棄物
新川明:相対化の哲学を生きる
上野千鶴子:日本の政治状況を憂慮する