国際比較から見た日本の人材育成

国際比較から見た日本の人材育成

グローバル化に対応した高等教育・職業訓練とは

  • 著者:樋口美雄・財務省財務総合政策研究所編著
  • 定価:本体4500円+税
  • ISBN:978-4-8188-2237-5
  • 判型:A5判
  • 頁:312頁
  • 刊行:2012年10月
  • ジャンル:経済学経済
  • アマゾンで購入

内容紹介

EUの人的資本計画、フランスの高等教育改革、韓国の「グローバル化に対応した人材」育成政策などを精査し、グローバリゼーション時代の人材育成・活用のあり方を提示する。

目次

序章 グローバル化に対応した人材の育成・活用に係る諸外国の事例およびわが国への示唆 樋口美雄・加藤千鶴
 第Ⅰ部 高等教育のあり方
第1章 EU人的資本計画の動向―基準共有と高度人材育成・獲得のメカニズム― 松塚ゆかり
第2章 フランスにおける高等教育の質の保証を通じた人材育成・活用 加藤千鶴ほか
第3章 韓国における「グローバル化に対応した人材」の育成政策とその枠組み:教育政策の考察を中心に 有田伸
 第Ⅱ部 職業教育・訓練のあり方
第4章 職業教育・専門教育の国際比較の視点からみた日本の人材育成の現状と課題 寺田盛紀
第5章 グローバル化の下でのわが国の人材育成の課題―非グローバル人材に着目して― 小杉礼子
第6章 グローバル人材の育成―製造業を中心とした基盤整備について― 八幡成美
第7章 グローバリゼーションの進展下における、広範な中間層に重点をおいた人材の育成・活用 岩田克彦
 第Ⅲ部 人材の育成と活用に関する課題
第8章 イギリスから見た日本の人材育成の課題 苅谷剛彦
第9章 グローバル化に対応した人材活用―参加型社会オランダ― 権丈英子