差異のデモクラシー

差異のデモクラシー

  • 著者:加藤哲郎、今井晋哉、神山伸弘編著
  • 定価:本体2500円+税
  • ISBN:978-4-8188-2105-7
  • 判型:A5判
  • 頁:260頁
  • 刊行:2010年07月
  • ジャンル:社会・政治人文・社会

内容紹介

民主主義をめぐる現代的、思想的、歴史的な問題状況をさまざまな角度から検討し、「差異の承認・解放」を思考の根本に据える野心的試み。

目次


序 章  政治の境界と亡命の政治【加藤哲郎】
第1章  恐怖の政治と治安社会化 【斉藤吉広】
第2章  NIMBY問題の構造とデモクラシー 【中澤高師】
第3章  ポピュリズムと熟議・討議デモクラシー【飯島伸彦】
第4章  自由による差異の承認【神山伸弘】
第5章  政治における普遍主義の限界と再生【鵜飼健史】
第6章  現代デモクラシーの起源【白井 聡】
第7章  労働者教育、社会的自助、公共圏への参加【今井晋哉】
第8章  ルディー・ベイカーの秘密の活動【岡本和彦】
第9章  60年安保闘争と「沖縄問題」【小野百合子】
第10章 「1968」をグローバルに語るということ【中川 圭】