銀行ATMの歴史

銀行ATMの歴史

預金者サービスの視点から

  • 著者:根本忠明著
  • 定価:本体3200円+税
  • ISBN:978-4-8188-1977-1
  • 判型:A5判
  • 頁:244頁
  • 刊行:2008年02月
  • ジャンル:金融経済
  • アマゾンで購入

内容紹介

1970年代に登場し、80年代にエレクトロニック・バンキングの主役となったATMはリテール・バンキングを商業銀行の新たな収益源とする戦略的資源となった。その歴史を辿る。

目次

第1章 リテール・バンキングを目指す2つの銀行ATM
第2章 週休2日制対策からスタートしたCD
第3章 都市銀行の大衆化戦略を支えた戦略情報システム
第4章 銀行の店舗から街へ飛び出したCD
第5章 構造不況時代を迎えての第二次オンライン・システムとCD
第6章 銀行間のオンライン提携と郵貯オンライン
第7章 金融自由化の波と業際戦争
第8章 第三次オンライン・システムの誤算
第9章 外圧によるサンデーバンキングとATM開放
第10章 失われた10年におけるリテール・ビジネスの主役は
第11章 金融ビックバンで様変わりした預金者サービス
第12章 メガバンクのATM戦略
第13章 法律で保護されなかったATM犯罪の被害者