サステイナブル社会とアメニティ

サステイナブル社会とアメニティ

  • 著者:高崎経済大学附属産業研究所編
  • 定価:本体3500円+税
  • ISBN:978-4-8188-1994-8
  • 判型:A5判
  • 頁:301頁
  • 刊行:2008年03月
  • ジャンル:地域社会経済
  • アマゾンで購入

内容紹介

環境にやさしい持続型社会の形成では、自然環境のみならず、社会環境、文化、歴史を含むアメニティの充実に結束する。群馬県高崎市を例にあげ、持続型社会の可能性を探る。

目次

序章 持続社会の発展/加藤一郎
第1部 サステイナブル社会の課題
 第1章 持続型社会への金融アプローチ/山田博文
 第2章 持続可能な社会を支える投資行動
      :「責任ある投資」概念の普及と実践の課題/水口剛
 第3章 戦前における電気利用組合の展開とその地域的役割/西野寿章
 第4章 持続可能性と連帯経済:プロジェクト・スモール・エックスへのまなざし/矢野修一
第2部 環境・アメニティの経済分析
 第5章 コモンズの悲劇と非線形経済動学/柳瀬明彦
 第6章 地域環境政策における経済的手段の導入と公衆の参加/浜本光紹
 第7章 エコツーリズムの経済分析:コモンプールアプローチ/伊佐良治・薮田雅弘
第3部 環境・アメニティ政策の評価
 第8章 低炭素社会に向けた地方自治体における取り組み
      :戦略的政策形成の課題と展望/林宰司
 第9章 GM産品へのEUラベリング政策の評価をめぐって
      :貿易摩擦から“新しい環境アカウンタビリティ”へ/山川俊和
 第10章 尾瀬におけるガイドツアーに対する紅葉期入山者の選好分析
       /柘植隆宏・庄子康・荒井裕二
 第11章 群馬の森の環境評価
      :仮想評価法およびトラベルコスト法による実証
      /柳瀬明彦・小安秀平・中条護・堀田知宏・水野玲子