伊藤正直(イトウマサナオ)

東京大学大学院経済学研究科・経済学部教授

自由と公共性
介入的自由主義とその思想的起点
  • 著者:小野塚知二編著
  • 定価:本体3200円+税
  • 刊行:2009年06月
  • ジャンル:経済史・経営史 (経済)
内容:介入的自由主義の思想と、それが反映した政策、制度がいかなる社会的文脈で登場し、個人の自由・尊厳との緊張関係でいかに正当化され、定着したのか。可能性と限界を検討。
世界金融危機の歴史的位相
  • 著者:斎藤叫編
  • 定価:本体3500円+税
  • 刊行:2010年04月
  • ジャンル:金融 (経済)
内容:1929年恐慌との比較など長期的視点、1980年代以降「新自由主義」政策からの転換など中期的視点、国際金融システムをも視野に入れ、世界史の中に位置づける。
金融ビジネスモデルの変遷
明治から高度成長期まで
  • 著者:粕谷誠・伊藤正直・齋藤憲編
  • 定価:本体8000円+税
  • 刊行:2010年08月
  • ジャンル:金融 (経済)
内容:戦前の地方所在の銀行は、戦後の規制体系に束縛された地方銀行とは異なり多様性があったことを都市銀行や不動産銀行、あるいはアメリカの事例と対比して明らかにする。
金融危機と革新
歴史から現代へ
  • 著者:伊藤正直他編著
  • 定価:本体4200円+税
  • 刊行:2000年07月
  • ジャンル:金融 (経済)
内容:金融危機をめぐる制度と政策と市場の交錯を、国際比較の視点も含みつつ歴史的に検討し、危機の克服とシステム革新がどのように図られてきたかを提示。

著者検索