鉄道史学会 Railway History Society of Japan
                                                        

 
  次回の大会
  次回の例会
  過去の大会
    第25回大会
    第26回大会
    第27回大会
    第28回大会
    第29回大会
    第31回大会
    第32回大会
    第33回大会
    第34回大会
    第35回大会

 

 
 
鉄道史学

鉄道史学会は、鉄道史研究の発展に寄与し、関連学会との連携を密にし、会員の研究活動の振興および相互の親睦をはかることを目的とする学会です。


 

Home>meeting>過去の大会


過去の大会

第35回大会・会員総会のお知らせ

鉄道史学会第35回大会・会員総会を11月11日(土)・12日(日)の両日、神戸市西区伊川谷町有瀬の神戸学院大学有瀬キャンパス(11号館3階 113A教室)で開催いたします。

11月11日(土)
自由論題報告
13:00〜 受付開始
13:30〜13:35 開会挨拶 会長 大島 登志彦[高崎経済大学]

13:35〜15:45 自由論題報告
@13:35〜14:15
「切花鉄道」と日本人の民俗的鉄道認識の一形成
―日本の民話・文芸作品から―
宇田 正[追手門学院大学名誉教授]

A14:20〜15:00
初期イギリス鉄道技術者のネットワーク
―「競争」と「協調」に着目して―
冨田 新[帝塚山大学]

B15:05〜15:45
駅・車内の公的空間意識の変容について 
―伝言板の私的利用および迷惑行為に見られる社会規範のゆらぎ―
片山 雅木[横浜市立大学:院]

― 休 憩 ―

16:00〜16:50 会員総会
17:00〜19:00 懇親会(学生食堂HALF TIME) 会費:5000円
(懇親会の場にて、鉄道史学会住田奨励賞授賞式を開催します)


11月12日(日)
基調講演
9:15〜10:15
現在・過去・未来 鉄路をつなぐ神戸電鉄の取組
松本 修治氏[神戸電鉄株式会社 経営企画部長 兼鉄道事業本部企画部長]

共通論題報告
「鉄道の地域に与える影響 −鉄道の外部効果を考える−」
司会:井田 泰人[近畿大学]

10:25〜10:35 問題提起 関谷 次博[神戸学院大学]
報告@ 10:35〜11:05
関西の鉄道企業と地域社会
―プロ野球場運営の歴史的展開から考える―
廣田 誠[大阪大学]

報告A 11:05〜11:35
ニュータウン鉄道による沿線まちづくり
―泉北高速を中心に― 
高橋 愛典[近畿大学]

― 休 憩 ―

報告B 12:45〜13:15
まちづくりの役割を担う鉄道の存続
―ひたちなか海浜鉄道の事例から―
中嶋 嘉孝[大阪商業大学]

報告C 13:15〜13:45
地域観光資源として維持できなかったJR三江線の廃止
―廃止後の地域振興と鉄道遺産の活用へ向けての課題―
風呂本 武典[広島商船高等専門学校]

13:45〜14:00 コメント 谷内 正往[大阪商業大学]
14:00〜14:15 コメント 中村 尚史[東京大学]
14:30〜15:30 討論
15:30〜15:35 閉会挨拶 会長 大島 登志彦[高崎経済大学]


鉄道史学会理事会のお知らせ
11月11日(土)12:00より、11号館3階113C教室で理事会を開催いたします。役員の先生方はご出席のほど、よろしくお願いいたします。


Top

 
 
   

Copyright Railway History Society. All rights reserved