鉄道史学会 Railway History Society of Japan
                                                        

 
  次回の大会
  次回の例会
  過去の大会
    第25回大会
    第26回大会
    第27回大会
    第28回大会
    第29回大会
    第31回大会
    第32回大会
    第33回大会
    第34回大会

 

 
 
鉄道史学

鉄道史学会は、鉄道史研究の発展に寄与し、関連学会との連携を密にし、会員の研究活動の振興および相互の親睦をはかることを目的とする学会です。


 

Home>meeting>過去の大会


過去の大会

鉄道史学会 第33回大会・会員総会のお知らせ

 鉄道史学会第33回大会・会員総会を103日(土)・4日(日)の両日、大阪府東大阪市の近畿大学東大阪キャンパス(EキャンパスB201教室)で開催いたします。 

10月3日(土)自由論題報告
12:00〜 受付開始
13:00〜13:05 開会挨拶 武知京三(近畿大学名誉教授)

13:05〜17:15 自由論題報告
@13:05〜13:45 近代日本人の鉄道利用動向の類型的考察−「汽車に乗らない日本人」と「汽車に乗れない日本人」−
 宇田正(追手門学院大学名誉教授)

A13:45〜14:25 明治期の東海道線開通と沿線地域産業−静岡県の製茶業を事例として− 粟倉大輔(中央大学)

B14:25〜15:05 日本における英国人技師の評価−叙勲を中心に−
 林田治男(大阪産業大学)

−休憩−

C15:15〜15:55 朝鮮鉄道の満鉄委託と朝鮮鉄道12年計画の再解釈
 李容相(韓国・又松大学)

D15:55〜16:35 近年における鉄道路線の変遷とその傾向の考察 −1975年以降の旅客鉄道事業者の路線改廃を中心に−
 秋葉健(高崎経済大学・院)

E16:35〜17:15 くま川鉄道にみる地域住民との協働
 恩田睦(弘前大学)・小谷田文彦(同)

17:30〜18:00 会員総会
18:15〜20:00 懇親会(クラブセンター 相撲部道場)会費:5000円

特別展示 宇田正氏の鉄道コレクション(EキャンパスB館2階202号室)


10月4日(日)共通論題報告「鉄道と商業」
 司会: 午前 高橋愛典(近畿大学)
     午後 井田泰人(近畿大学)

10:00〜10:10 問題提起 井田泰人(近畿大学)
@10:10〜10:50 大阪の鉄道と地下街」 谷内正往(大阪商業大学)

A10:50〜11:30 戦前戦後のターミナルデパート勃興期における素人経営波及の背景と影響−電鉄職員から百貨店販売員への転身−  末田智樹(中部大学)

B11:30〜12:10 中京圏における百貨店の競争環境の変遷と名鉄百貨店 関谷次博(中京学院大学)

−昼食−

C13:30〜14:10 小林一三の再評価 − 箕面有馬電気軌道の創業時を中心に− 鈴木勇一郎(立教大学)

D14:10〜14:50 鉄道と行商―〈カンカン部隊〉にみるアキンドたちのネットワーク― 山本志乃(旅の文化研究所)

E14:50〜15:30 民衆駅と駅前商店街 −姫路民衆駅を事例に−
 藤井英明(学習院大学・非常勤)

15:30〜15:50 コメント 廣田誠(大阪大学)
−休憩−
16:00〜16:55 討論
16:55〜17:00 閉会 会長 青木真美(同志社大学)


鉄道史学会 理事会のお知らせ

10月3日(土)12:00よりEキャンパスB館4階404教室で理事会を開催いたします。役員の先生方は、ご出席のほどよろしくお願いいたします。

 

Top

 
 
   

Copyright Railway History Society. All rights reserved