ワルラス 社会経済学研究

ワルラス 社会経済学研究

  • 著者:レオン・ワルラス著/御崎加代子・山下博 訳
  • 定価:8,360 円
  • ISBN:978-4-8188-2625-0
  • 判型:A5判
  • 頁:480頁
  • 刊行:2023年01月
  • ジャンル:経済学経済

内容紹介

レオン・ワルラス未完の大作。待望の日本語訳。一般均衡理論の創設者が目指した社会理想とは? 効率と公正の両立へのゆるぎない信念。社会正義実現への情熱がほとばしる。

目次

訳者解説
 レオン・ワルラスによる序文
 第2版へのはしがき

第I部 社会理想の探求
社会主義と自由主義:エド・シェレ氏への書簡
社会の一般理論:パリにおける公開講義(1867-68)
  経済学と社会科学の現状
   第1講義 経済社会問題における利益の原理と正義の原理の競合
   第2講義 哲学的学説の調停。 経済学と社会科学における唯物論と唯心論の現在の対立
   第3講義 唯物論批判。唯心論批判。社会道徳についての観点-人間と社会について
   第4講義 2つの観点、すなわち生理的-経済的観点と心理的-道徳的観点からみた人間と人間の運命について
   第5講義 利益と正義の一致について
   第6講義 個人と国家。社会科学の構成に関する一般的な定理
調整あるいは総合の方法
I. 総合の方法の原理
II. 社会主義と自由主義の総合
III. 功利主義と道徳主義の総合
IV. 共産主義と個人主義の総合

第II部 所有
所有の理論
社会問題
知的所有権について

第III部 社会理想の実現
土地の価格および国家によるその買上げの数学理論
I. J.ミルとH.-H.ゴッセンの学説
II. 土地の価格について。地代の一時的もしくは永続的変動の場合の正常価格成立の公式
III. 土地の価格について。地代の変動期間のあいだの正常価格の変動の公式
IV. 国家による土地の買上げについて。地代による購入価額償還の公式
V. 国家による土地の買上げ。償還期間中の負債額の変動
VI. 正常価格の支払いの場合の償還の不可能性
VII. ゴッセンの理論の批判。地代の増加率上昇による償還の可能性
知られざる経済学者:ヘルマン・ハインリッヒ・ゴッセン

第IV部 税

ローザンヌ会議の回想
所得税と資本税について
土地台帳と地租
I. 現在の土地台帳の構成
II. 地所にかかわる土地台帳と税務的な土地台帳
III. フランス、ベルギー、ドイツにおける土地台帳
IV. 地租の性質
V. 地租の基礎について。国家による土地の共有
VI. 地租の基礎。土地と資本の区別
税問題
I. 様々な税。単一税、比例税、累進税
II. 正常で決定的な事実としての税の批判
III. 例外的で過渡的な事実としての税について。土地の国有化について
IV. フランスと社会問題

 人物一覧
 訳者あとがき