• TOP
  • 書籍一覧
  • 書籍:大塚久雄から資本主義と共同体を考える
大塚久雄から資本主義と共同体を考える

大塚久雄から資本主義と共同体を考える

コモンウィール・結社・ネーション

  • 著者:梅津順一・小野塚知二編著
  • 定価:本体3000円+税
  • ISBN:978-4-8188-2483-6
  • 判型:四六判
  • 頁:336頁
  • 刊行:2018年01月
  • ジャンル:経済学史経済
  • アマゾンで購入

内容紹介

戦後社会科学の旗手であった大塚久雄。彼の提起したさまざまな基本的論点は、現在の人間・社会・世界に対してどのような問いを投げ掛けているだろうか。

目次

 第一部 資本主義と共同体
序 章 問題提起――没後20年の大塚久雄        梅津順一
第一章 資本主義と可能性としてのコモンウィール   齋藤英里
第二章 近代資本主義とアソシエーション       小野塚知二 
第三章 国民経済と経済統合             小林純 
第四章 ネーションのとらえ方をめぐって       柳父圀近
第五章 イギリスにおける宗教コミュニティーについて 須永 隆

 第二部 大塚久雄が問いかけるもの
Ⅰ 大塚史学から継承すべき課題      石井寛治
Ⅱ 大塚久雄の「方法」をめぐって      河合康夫
Ⅲ 共同体の基礎理論と日本前近代史     保立道久 
Ⅳ 近代社会の「人間的基礎」と組織原理  斎藤 修 
Ⅴ 国民経済論から国民経済の諸類型へ   道重一郎 
Ⅵ 「大塚史学」と近代奴隷制        平出尚道
Ⅶ 大塚久雄とキリスト教   村松 晋 
Ⅷ 私はどのように大塚史学を受容したか  肥前榮一
Ⅸ 大塚先生・大塚史学とわたくし  近藤正臣
Ⅹ 二つの補遺――「大塚久雄著作ノート」に関連して 上野正治
XI 大塚久雄について若い友人に話すなら   高嶋修一

大塚久雄年譜