旅文化と物流

旅文化と物流

近代日本の輸送体系と空間認識

内容紹介

旅客輸送による空間・時間認識と貨物輸送による物流の変化に焦点をあてる。鉄道網の形成、巨大海運会社や巨大商社の物流戦略の展開で「旅文化」はどのように変化したか。

目次

序章 輸送体系からみた近代日本
第1節 問題の所在
第2節 本書の構成と研究史
第3節 汽船網の整備と運賃
第4節 鉄道網の整備と運賃
前編 旅文化の変容と消費
はじめに
第1章 鉄道網整備以前の旅文化
はじめに
第1節 近世期の旅文化の特徴
第2節 近代初頭の外国人の日本国内旅行
第3節 一八八〇年代の旅と費用
おわりに
第2章 輸送網の近代化と旅文化
はじめに
第1節 一八九〇年代の地方資産家層の旅
第2節 一八九〇年代の地方民衆層の旅
第3節 二〇世紀前半における地方の旅文化
おわりに
第3章 仕事の旅の諸相
はじめに
第1節 大阪府商家の仕事の旅
第2節 愛知県醸造家・商家の仕事の旅
第3節 千葉県醸造家の仕事の旅
第4節 日記からみた仕事の旅
おわりに
第4章 都市化と旅文化
はじめに
第1節 旅行案内書にみる二〇世紀初頭の旅文化
第2節 両大戦間期の旅文化の外延的拡大
第3節 通勤と行楽文化
おわりに
後編 物流の展開と市場
はじめに
第5章 郵便汽船三菱会社の北海道進出と輸送
はじめに
第1節 三菱による北海道航路の開設と集荷策
第2節 一八八〇年代前半の北海道市場と三菱
第3節 日本郵船会社の設立と三菱の旧貨主の対応
おわりに
第6章 三井物産の北海道進出と輸送
はじめに
第1節 三井物産の北海道進出と集荷策
第2節 三井物産が利用した国内海運網
第3節 北前船主の汽船経営
おわりに
第7章 近代輸送体系の形成と港湾
はじめに
第1節 東北地帯の輸送網の整備と港湾
第2節 北陸・山陰地帯の輸送網の整備と港湾
第3節 瀬戸内地帯の輸送網の整備と港湾
おわりに
第8章 肥料市場と物流
はじめに
第1節 国内汽船網の整備と大阪魚肥市場の再編
第2節 東アジア汽船網の整備と大豆粕輸入の急増
第3節 鉄道網の整備と人造肥料・魚肥流通
第4節 肥料市場の競争構造
おわりに
終章 近代輸送体系と経済社会
第1節 近代輸送体系と生活様式
第2節 近代輸送体系と市場構造
第3節 近代輸送体系と空間認識