日本銀行の敗北

日本銀行の敗北

インフレが日本を潰す

  • 著者:相沢幸悦
  • 定価:本体1500円+税
  • ISBN:978-4-8188-2437-9
  • 判型:四六判
  • 頁:220頁
  • 刊行:2016年09月
  • ジャンル:金融経済
  • アマゾンで購入

内容紹介

日本銀行は政治に敗北した。この先、インフレによって財政赤字を解消する事態になれば「完全敗北」である。逆転の発想による金利引き上げこそ日本経済を救うことを示す。

目次



はじめに 
 
第1章 政府の軍門にくだった日本銀行

1 インフレ目標とはなにか 
 (1)インフレ目標の概念 
 (2)日銀のスタンス
2 失った政治からの独立性 
 (1)総選挙での自民党の圧勝 
 (2)はじめてのインフレ目標の導入 
3 量的・質的金融緩和の導入 
 (1)異次元緩和 
 (2)異次元緩和の弊害 

第2章 前代未聞のマイナス金利の導入

1 マイナス金利導入の決定 
 (1)日銀初のマイナス金利 
 (2)為替操作のマイナス金利 
2 金融政策決定会合での議論 
 (1)政策委員会の賛成意見 
 (2)政策委員会の反対意見 
3 資本主義否定のマイナス金利 
 (1)マイナス金利と市場への影響 
 (2)資本主義の自己否定 
 (3)マイナス金利でデフレに 

第3章 リフレ派経済実験の壮大な失敗

1 支離滅裂の金融政策 
 (1)目標達成時期の5度目の延期 
 (2)やらないはずの追加異次元緩和 
 (3)金融政策決定会合での議論 
 (4)ハシゴを外された黒田日銀 
2 物価安定目標の未達成 
 (1)物価安定目標の先送りと消費増税 
 (2)インフレ目標は「憲法」違反 
 (3)リフレ派の補充 
3 異次元緩和の限界 
 (1)異次元緩和の補完策 
 (2)異次元緩和も限界に 
 (3)銀行の保有国債売却と海外融資 
4 異次元緩和の悲惨な結末 
 (1)中銀機能のねじ曲げ 
 (2)悲惨な異次元緩和の顛末 

第4章 デフレとはマネー現象にあらず

1 日銀総裁・副総裁の見解とデフレ 
 (1)黒田日銀総裁の見解 
 (2)岩田日銀副総裁の見解 
 (3)日本でのデフレ 
2 バブル崩壊不況と財政出動 
 (1)バブルの崩壊 
 (2)デフレの要因 
3 日本でのインフレの亢進 
 (1)必要な創造的破壊 
 (2)財政赤字の累積 

第5章 金利引き上げこそ強い経済を構築

1 金利引き上げで恐慌を誘発 
 (1)オリンピック・パラリンピックの開催 
 (2)金利を4%に 
2 財政再建と福祉充実 
 (1)大前提は財政再建 
 (2)分配政策と福祉充実 


むすびにかえて