グローバル資本主義と新興経済

グローバル資本主義と新興経済

  • 著者:SGCIME編
  • 定価:本体3800円+税
  • ISBN:978-4-8188-2403-4
  • 判型:A5判
  • 頁:368頁
  • 刊行:2015年12月
  • ジャンル:経済学経済
  • アマゾンで購入

内容紹介

グローバル資本主義の「もう一つの主役」として登場してきた中国、ブラジル、ロシアなどの新興経済の現状と課題を考察することで、グローバル資本主義の現局面を解明する。

目次

序 章 グローバル資本主義の展開と新興経済

I 中国経済の現状と課題

第1章 中国経済の構造変化と雇用改革

第2章 中国株式市場における「移行経済型市場」の形成

第3章 中国電力産業の発展と地域開発

II ブラジル・メキシコ・ロシア経済の現状と課題

第4章 ブラジルにおける世界経済危機の影響

第5章 経済グローバル化時代における “保護主義” 政策のあり方

第6章 現代ロシアにおける中間層の形成

III アジアの周辺新興経済の諸相

第7章 日本・フィリピンEPA(経済連携協定)の論点

第8章 日系縫製企業の第二次移転としてのバングラデシュ

第9章 ベトナムの経済発展と情報技術政策