IMF8条国移行

IMF8条国移行

貿易・為替自由化の政治経済史

内容紹介

360円レート設定から、貿易・為替自由化を経て、IMF(国際通貨基金)8条国に移行するまでの日本の対外経済関係を、IMFとの関係を中心に歴史的に解明する。

目次

 序 章 ブレトンウッズ体制と日本
第1部 ブレトンウッズ体制への包摂――1949~52 年
 第1章 360 円レートの設定
 第2章 戦後為替管理の成立
 第3章 IMFへの加盟
第2部 分断された為替圏と外貨危機――1952~58 年
 第4章 1953~54 年の外貨危機
 第5章 スターリング地域とオープン勘定地域
 第6章 1957 年の外貨危機
第3部 貿易・為替自由化――1959~64 年
 第7章 貿易・為替自由化の促進
 第8章 自由化の繰上げと外貨危機
 第9章 8条国への移行とOECD 加盟
 終 章 本書の総括