所得分配・金融・経済成長

所得分配・金融・経済成長

資本主義経済の理論と実証

  • 著者:西洋
  • 定価:本体6400円+税
  • ISBN:978-4-8188-2350-1
  • 判型:A5判
  • 頁:304頁
  • 刊行:2014年11月
  • ジャンル:経済学経済
  • アマゾンで購入

内容紹介

ポスト・ケインジアンの経済理論とレギュラシオン理論をベースに、それらを発展、応用するかたちで先進資本主義経済の所得分配・金融・経済成長を理論的、実証的に分析する。

目次

第1章 ポスト・ケインジアンの理論展開と制度論

第2章 労働市場の制度的構造と所得分配および需要レジームのマクロ経済分析

第3章 労働者の負債蓄積,動学的安定性および需要レジームの転換

第4章 負債・成長レジームとミンスキー型の金融構造

第5章 金融化とグローバル化:制度階層性によるアプローチ

第6章 所得分配,負債に関する経済成長レジームの多様性と両立性

第7章 ポスト・ケインズ派の金融政策ルールとマクロ経済パフォーマンス

第8章 VAR モデルを用いた日本経済の所得分配・経済成長レジームについての実証分析

第9章 構造VAR モデルによる日本経済の資本蓄積,所得分配,負債の動態分析

第10章 金融化と日本経済の資本蓄積パターンの決定要因:産業レベルに注目した実証分析