地方独自課税の理論と現実

地方独自課税の理論と現実

神奈川・水源環境税を事例に

  • 著者:髙井正
  • 定価:本体3800円+税
  • ISBN:978-4-8188-2300-6
  • 判型:A5判
  • 頁:190頁
  • 刊行:2013年11月
  • ジャンル:経済学経済
  • アマゾンで購入

内容紹介

自治体の独自課税権に基づく森林環境税構想を最初に発表した神奈川県の水源環境税政策を多角的に分析、解明するとともに、その分権型社会の意義について検討する。

目次

序章 本書における分析の視点と課題
第1章 都道府県における独自課税
第2章 各県の森林環境税政策
第3章 神奈川県の水源環境税政策の施策事業
第4章 神奈川県の水源環境税政策の税制措置
終章 本書のまとめと残された課題