工業化と企業家精神

工業化と企業家精神

  • 著者:ヨハネス・ヒルシュマイヤー著/川﨑勝・林順子・岡部桂史編
  • 定価:本体6500円+税
  • ISBN:978-4-8188-2281-8
  • 判型:A5判
  • 頁:460頁
  • 刊行:2014年03月
  • ジャンル:経済史・経営史経済
  • アマゾンで購入

内容紹介

南山大学第3代学長ヒルシュマイヤーの遺稿を整理し、適宜解説を施しその今日的意義を問う。日本経済の進路に多大な影響を及ぼした歯に衣きせない言動は今も衰えを見せない。

目次

序 文 
 
Ⅰ 総論
  経営史
 
Ⅱ 前期(1961~1967)経済発展と回勅の経済思想
  経済発展のための企業家供給
  経済発展は自由市場体制によるべきか中央計画によるべきか
  回勅「マーテル・エト・マジストラ」──その経済学的評価──
  教皇パウロ六世の経済発展モデル──回勅「ポプロールム・プログレシオ」の評価──
 
Ⅲ 中期(1969~1974)日欧文化比較からみる経済行動
  ニッポンの挑戦──広がるネオ・ナショナリズムへの恐怖──
  「GNP教」への熱情と不安──日本人の行動の原点を求めて──
  文化的価値と工業化の論理
 
Ⅳ 後期(1975~1984)近代企業経営と企業家精神
  経営イデオロギーの比較史──西洋と日本──
  企業家と社会秩序──アメリカ、ドイツおよび日本(1870~1900)──
  江戸時代の価値体系とビジネス──明治期の工業化との関連において──
  日本型企業社会、その特質と課題
  「会社資本主義」社会における所有意識と勤労意識
 
Ⅴ 対談と講演
  外国人は日本人の経済行動をいかに見るか
  日本文化論
  日本的経営の前途
 
解 説 経済学者・経営史家としてのヒルシュマイヤー──経歴と功績──
解 題
ヒルシュマイヤー年譜
索 引