高大連携と能力形成

高大連携と能力形成

内容紹介

全入時代に大学教育の質と学生の能力をいかに担保するか。次世代に求められる人材を育成する教育とは。高大連携の議論や実践例をもとに、その展望と課題を考察する。

目次

序章 問題意識と本書の構成(矢野修一)
第1章 高大連携(田口哲男)
第2章 高大接続と大学の課題(高松正毅)
第3章 群馬県における公立高校の歴史的変遷と特性・課題(大島登志彦)
第4章 高大連携を基盤にした学校改革(田口哲男)
第5章 大学の教育力を測る新しい指標の登場と教養教育の再構築(児玉英明)
第6章 「主題を設定して行う学習」を通したプレゼンテーション能力の育成(船木鉄平)
第7章 就職支援の自主事業化について(久宗周二)
第8章 高大コラボゼミの相乗効果(矢野修一)
第9章 高校教育における高大連携の効果(長岡将之)
第10章 高大連携におけるファイナンシャルリテラシー(平井裕久)
第11章 大学生による論理的表現力の伝授(名和賢美)
終章 高大連携と能力形成の展望(矢野修一)