経済計算のための統計

経済計算のための統計

  • 著者:岩崎俊夫
  • 定価:本体3400円+税
  • ISBN:978-4-8188-2190-3
  • 判型:A5判
  • 頁:200頁
  • 刊行:2012年01月
  • ジャンル:経済学経済
  • アマゾンで購入

内容紹介

旧ソ連の経済計算論と経済モデル論を再検証し、今日の経済統計学分野の一部にみられる経済理論や方法論軽視への風潮に警鐘を鳴らす。

目次

はしがき i
第1章 「1923/24年ソ連邦国民経済バランス」の
作成経緯と方法論──社会的再生産構造
把握のための最初の統計── 1
はじめに 1
第1節 国民経済バランス作成の画期 2
1-1 第1期 黎明期のバランス法 3
1-2 第2期 再生産論と均衡論 5
1-3 第3期 国民経済バランス体系の確立 8
1-4 小括 10
第2節 国民経済バランス作成以前の計画法 11
2-1 計画法としてのバランス法 11
2-2 種々の計画法と統制数字 13
第3節 「1923/24年ソ連邦国民経済バランス」の作成経緯 17
3-1 その登場 17
3-2 その内容 19
3-3 その経済理論 22
第4節 「1923/24年ソ連邦国民経済バランス」の批判的検討 24
4-1 その方法論 24
4-2 その表示形式 26
4-3 その問題点 31
おわりに 33
〈付〉「1923/24年ソ連邦国民経済バランス」の構成 34

第2章 国民経済バランスの史的展開(1930~55年)
──経済計算の体系化とストルミリン表式── 41
はじめに 41
第1節 1930年代の国民経済バランス体系 43
1-1 1928-30年国民経済バランス 43
1-2 1930年代後半の国民経済バランス 51
第2節 1930年代の国民経済バランス論争 54
2-1 均衡論批判と単一総合バランス 54
2-2 ストルミリン36年表式 58
2-3 その評価 63
第3節 戦後の国民経済バランスの発展 67
3-1 1950年代の国民経済バランス 67
3-2 ストルミリン54年表式 74
3-3 その評価 79
おわりに 82
第3章 国民経済バランス体系の確立と部門連関バランス
──歴史的位置と理論的基礎── 89
はじめに 89
第1節 中央統計局のバランス体系と部門連関バランス 90
1-1 国民経済バランス体系の確立 90
1-2 部門連関バランス作成の試み 101
1-3 部門連関バランス研究の多様化 104
第2節 部門連関バランスの基本性格 107
2-1 経済計算のための部門連関バランス 107
2-2 部門連関バランスのモデル化 116
2-3 再生産分析への部門連関バランスの適用 119
おわりに 125
第4章 国民経済計算体系の方向転換
──MPSとSNAの統合── 131
はじめに 131
第1節 SNA方式導入の背景 132
1-1 市場経済への移行とMPSの限界 132
1-2 68SNAにおける生産と市場 136
1-3 不生産部門をめぐる諸問題 137
第2節 SNA方式導入の準備作業 139
2-1 GNP指標 139
2-2 部門連関バランス 142
2-3 ИСМЭП(マクロ経済指標の統合システム) 146
おわりに 148
第5章 最適経済機能システム論と生産関数論
──数理派の経済観── 151
はじめに 151
第1節 最適経済機能システム論と生産関数論の概要 152
1-1 最適経済機能システム論 152
1-2 生産関数論 155
第2節 数理的計画論の経済観 159
2-1 数理的計画論の経済構造分析 159
2-2 最適経済機能システム論の価格論 162
第3節 生産関数論による経済動態分析 165
3-1 技術進歩の測定 165
3-2 限界効率指標の過大評価 169
おわりに 173
第6章 最適計画論の特徴と問題点
── Н. П. フェドレンコの所説を中心に── 179
はじめに 179
第1節 最適計画論における「計画性」概念 181
第2節 最適計画論の価格論 185
おわりに 192

あとがき 197
索  引 199