グローバル資本主義論

グローバル資本主義論

日本経済の発展と衰退

  • 著者:飯田和人著
  • 定価:本体3800円+税
  • ISBN:978-4-8188-2154-5
  • 判型:A5判
  • 頁:280頁
  • 刊行:2011年02月
  • ジャンル:経済学経済
  • アマゾンで購入

内容紹介

資本と労働力が自由に越境できるようになった今日において、福祉国家の解体を目論み、更なる利潤を追求するグローバル資本の本質と行動を解明する。日本経済はどこへ行くのか。

目次

序 章 グローバル化と国民経済の衰退
第1章 グローバル資本主義と景気循環
第2章 海外直接投資の展開とグローバル資本の確立
第3章 グローバル資本主義への移行と労働市場
第4章 日本的経営とコーポレート・ガバナンスの変容
第5章 雇用システムの変容と生産力低下
第6章 構造改革と福祉国家体制の解体
結 章 日本経済、これからどうする?
補 論 資本主義の歴史区分とグローバル資本主義の特質