国民国家の境界

国民国家の境界

  • 著者:加藤哲郎、小野一、田中ひかる、堀江孝司編著
  • 定価:本体2500円+税
  • ISBN:978-4-8188-2104-0
  • 判型:A5判
  • 頁:264頁
  • 刊行:2010年05月
  • ジャンル:社会・政治人文・社会
  • アマゾンで購入

内容紹介

「国民」「民族」「祖国」「市民社会」「公共圏」……。これらの概念はどのように変容し新しい課題を生み出しているか。グローバル化社会の深奥を“移動”と“越境”から繙く。

目次



第1部 国籍と市民権を問い直す

第1章  越境するシティズンシップとポスト植民地主義【大中一彌】
第2章  動揺する国民国家を受け止める【丹野清人】
第3章  国民の歴史意識を問い直す【鳥山 淳】

第2部 公共政策空間を問い直す

第4章  公共圏の創出、拡大、変容【井関正久】
第5章  越境する政策と国際的な規範【堀江孝司】
第6章  越境するハウスホールド【稗田健志】
第7章  ドイツの移民・外国人政策【小野 一】
第8章  「移民のいない日」(2006年5月1日)の衝撃【高橋善隆】

第3部 越境の歴史を問い直す

第9章  国境を越える連帯【許 寿童】
第10章  国民国家を越える戦場への移動【島田 顕】
第11章  人の移動と思想・運動の生成【田中ひかる】