景観学への道

景観学への道

あるべき景観の姿を求めて

内容紹介

景観には基準となる物差しがない。経済利益とのせめぎ合いで、景観裁判はほとんど原告の敗訴に終わる。歴史や風土、時代、主観にかかわる景観ははたして学として成り立つのか。

目次

  はしがき
Ⅰ 景観学序説
1  木の家    匠の木づかいを見る
2  景観測量   実存空間の景観を科学して観る 
3  庭の落葉   日本の「枯山水」庭園を思索する 
Ⅱ 既往の学説を尋ねて
 (1) はじめに
 (2) N・シュルツ/加藤邦男訳 「実存・空間・建築」
 (3) 和辻哲郎 「風土」
 (4) 黒川紀章 「共生の思想」
 (5) 武者利光 「1/fゆらぎと生活」
 (6) 向殿政男 「ファジィ理論」
Ⅲ 景観学への挑戦
1  景観学とは何か 
2 事例検証
 (1) 熱海市
 (2) 川崎市
 (3) パトネス村 (スペイン)
3 結論
あとがき