現代の社会福祉

現代の社会福祉

人間の尊厳と福祉文化

内容紹介

福祉の必要性が高まっている。そもそも社会福祉の原理とは何か。実践や政策にどう活かしていくのか。政治や経済などに左右されないようなこれからの社会福祉のあり方を考える。

目次

第1章 社会福祉における尊厳と福祉文化の創造――中村剛
第2章 現代社会福祉における人権問題――平松正臣
第3章 メタ福祉学の構想――丸岡利則
第4章 ペスタロッチーの教育思想と「福祉」の原理――光田尚美
第5章 地域福祉体系化への序説――谷川和昭
第6章 ソーシャルワークにおける自己決定問題――岩間文雄
第7章 高齢者介護家族のストレス分析――一瀬貴子
第8章 「福祉文化」論への課題――岩本真佐子
第9章 音楽と社会福祉――古瀬徳雄
第10章 障害者自立支援法と障害者福祉――谷口泰司
第11章 社会保障論の基礎視座――藤岡純一
第12章 現代の社会福祉と「新たな公共」――坂本忠次