アメリカン・グローバリズム

アメリカン・グローバリズム

水平な競争と拡大する格差

  • 刷数:4刷
  • 著者:中本悟編
  • 定価:本体3100円+税
  • ISBN:978-4-8188-1929-0
  • 判型:A5判
  • 頁:259頁
  • 刊行:2007年04月
  • ジャンル:経済学経済
  • アマゾンで購入

内容紹介

アメリカにとって水平な競争の場の創出が、現在進行中のグローバリゼーションだ。このアメリカン・グローバリズムが進める格差拡大と逆フラット化する内外構造を分析する。

目次

序 章 アメリカン・グローバリズム:展開と対立の構造(中本悟)

第1章 IT革命、グローバリゼーションと雇用システム(C.ウェザーズ)
第2章 財政思想の変化と財政政策の展開(吉田健三)

第3章 「ニューエコノミー」と租税政策(塚谷文武)

第4章 市場型金融システムとアメリカ商業銀行の復活(大橋陽)

第5章 アメリカの軍事技術開発と対日「依存」(山崎文徳)

第6章 オフショアリングの進展と雇用問題(田村太一)

第7章 アメリカのサービス貿易と多国籍企業(久永忠)