ドル円相場の政治経済学

ドル円相場の政治経済学

  • 著者:加野忠著
  • 定価:本体5500円+税
  • ISBN:978-4-8188-1894-1
  • 判型:A5判
  • 頁:427頁
  • 刊行:2006年09月
  • ジャンル:経済学経済
  • アマゾンで購入

内容紹介

米国金融覇権の基盤は何か。日本はそれに対抗して国益を守れたか。アジアでの指導力維持・拡大に何が必要か。政治経済学的視点から為替政策の変遷を吟味し、提言を試みる。