五十嵐敬喜憲法改正論

五十嵐敬喜憲法改正論

内容紹介

世界は今後もますます国際化する。同時に言語をはじめ文化や個性が尊重される時代でもある。21世紀は一国ナショナリズムを超えた視点が、憲法にも求められる。