君臣平田東助論

君臣平田東助論

内容紹介

平田東助は明治絶対主義官僚の典型であり天皇のために国力を蓄え強兵を図ろうとした。戦中戦後を通した産業組合の父とよばれ続けた彼が求めた国家とは何か。新視座から見直す。