地方銀行史論

地方銀行史論

為替取組と支店銀行制度の展開

  • 著者:岡田和喜著
  • 定価:本体6300円+税
  • ISBN:978-4-8188-1304-5
  • 判型:A5判
  • 頁:352頁
  • 刊行:2001年03月
  • ジャンル:経済学経済

内容紹介

明治初期の国立銀行や明治、大正期の地方銀行の支店制度と為替取組、大正期の農村貯蓄組合、田口卯吉の貯蓄論などをめぐって綿密な資料調査をもとに実証的に分析する。