小社、単行本です。

 
<< 前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9
2045
件中
1
-
10
件目
知識労働と余暇活動
  • 著者:山田良治
  • 定価:本体2600円+税
  • 刊行:2018年09月
  • ジャンル:経済学 (経済)
内容:知識労働・サービス労働化の光と影、一方で、ボランティア活動や観光に見られる余暇活動の多様化。本書は、現代に生きることの意味を、労働・余暇関係論の視点から描く。
行政記録と統計制度の理論
インド統計改革の最前線から
  • 著者:岡部純一
  • 定価:本体6800円+税
  • 刊行:2018年09月
  • ジャンル:経済学 (経済)
内容:統計の生産と利用の一般理論がいまパラダイム転換に匹敵する状況変化にある。統計制度における行政記録の役割の本質は何か?インド統計改革の欧米との比較検証により解明。
日本経済の構造と変遷
  • 著者:武田晴人・石井晋・池元有一編著
  • 定価:本体6800円+税
  • 刊行:2018年07月
  • ジャンル:経済史・経営史 (経済)
内容:近現代の世界で、資本主義経済システムは段階的に発展し、日本でも独特で強力に展開した。その歴史の分析方法を再検討し、産業構造や市場との関連、企業や組織の役割に注目し、構造的に分析する。
地方版エリアマネジメント
  • 著者:上野美咲
  • 定価:本体2500円+税
  • 刊行:2018年07月
  • ジャンル:都市・環境 (人文・社会)
内容:地方における人口減少、高齢化の現実に地域が生き生きする新しいシステム、方向性をデータとともに提示する。
オルテス国民経済学
  • 著者:ジャンマリア・オルテス著/藤井盛夫訳
  • 定価:本体7500円+税
  • 刊行:2018年07月
  • ジャンル:経済学史 (経済)
内容:オルテスは『国民経済学』で持続可能なオープンマクロ経済モデルを推計し、人口減少下における経済の持続可能性を論じた。同様の状況下の今こそ注目されるべき古典である。
金融化資本主義
生産なき利潤と金融による搾取
  • 著者:コスタス・ラパヴィツァス/斉藤美彦訳
  • 定価:本体7800円+税
  • 刊行:2018年06月
  • ジャンル:経済学 (経済)
内容:金融の膨張、非金融企業・銀行・家計の行動変化、膨大な金融利潤の創出でもたらされた1970年代末以降の資本主義の新たな段階への変容を「金融化」と捉え、その特質を鋭く指摘。
協同組合のコモン・センス
  • 著者:中川雄一郎
  • 定価:本体2800円+税
  • 刊行:2018年05月
  • ジャンル:協同思想 (人文・社会)
内容:知っているつもりで実は分かっていない協同組合。その良識の何たるかを開陳。格差社会がますます広がりを見せるなかで、協同組合に何ができるのか。
資本主義的市場と恐慌の理論
  • 著者:江原慶
  • 定価:本体4600円+税
  • 刊行:2018年04月
  • ジャンル:経済学 (経済)
内容:価値論と恐慌論を体系的に再構築し、景気循環に対する理論的アプローチを確立する。マルクス経済学原理論の最新の成果。
留学生は近代日本で何を学んだのか
医薬・園芸・デザイン・師範
  • 著者:見城悌治
  • 定価:本体3700円+税
  • 刊行:2018年03月
  • ジャンル:歴史 (人文・社会)
内容:近代日本への留学生たちは、何をどう学び・考え、その成果を未来に活かしたのか。人びとの交流と思想的連携や葛藤を、長いスパンでとらえ今日の「国際化」に資す。                                                                                                              
日本蚕糸業の衰退と文化伝承
  • 著者:高崎経済大学地域科学研究所 編
  • 定価:本体3500円+税
  • 刊行:2018年03月
  • ジャンル:経済史・経営史 (経済)
内容:高度成長期以降、日本の蚕糸業はなぜ衰退したのか。その衰退過程と要因を多角的に分析した初めての研究。併せて世界遺産としての文化伝承を考える。
<< 前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9