小社、単行本です。

 
同時代史研究 第9号
同時代史学会編 9
  • 著者:同時代史学会編
  • 定価:本体2500円+税
  • 刊行:2016年12月
  • ジャンル:学会誌 (学会誌)
内容:国際法学者・宮崎繁樹が語る終戦と戦後(解題・西川祐子)、沖縄戦後「復興」の中の離散(謝花直美)、安保・自衛隊(植村秀樹)、シベリア抑留(富田 武)、非正規雇用と青年ユニオン(寺間誠治・神部 紅)など。
同時代史研究 第8号
同時代史学会編
  • 著者:同時代史学会編
  • 定価:本体2500円+税
  • 刊行:2015年12月
  • ジャンル:学会誌 (学会誌)
内容:海兵隊再編 野添文彬、反公害運動 友澤悠季、戦犯助命運動 中立悠紀、ウォー・ギルト・プログラム 賀茂道子、農業史研究動向 小島庸平、戦後とジャーナリズム 栗原敏雄、謝花直美など。
同時代史研究 第7号
同時代史学会編
  • 著者:同時代史学会編
  • 定価:本体2500円+税
  • 刊行:2014年12月
  • ジャンル:学会誌 (学会誌)
内容:論文(黒川伊織、中村一成、玄武岩)、研究ノート(黒崎輝)、研究動向(永江雅和、大串潤児)、同時代史の現場:『戦争と民衆』記録運動と同時代史・歴史教育(矢野慎一、井上 弘)ほか。
同時代史研究 第6号
同時代史学会編
  • 著者:同時代史学会編
  • 定価:本体2500円+税
  • 刊行:2013年12月
  • ジャンル:学会誌 (学会誌)
内容:研究ノート(柳澤遊)、特集 社会諸科学における歴史研究の現在(伊藤正直、網谷龍介)、同時代史の現場:美術館における「同時代史」展示の可能性(鈴木勝雄)ほかを掲載。
同時代史研究 第5号
同時代史学会編
  • 著者:同時代史学会編
  • 定価:本体2500円+税
  • 刊行:2012年12月
  • ジャンル:学会誌 (学会誌)
内容:荒木田岳・大門正克・中嶋久人3氏による特集「3.11後の同時代史」、北河賢三氏の論文、矢嶋光氏「芦田均文書」資料紹介、同時代史の現場、書評、文献紹介などを掲載。
同時代史研究 第4号
同時代史学会編
  • 著者:同時代史学会編
  • 定価:本体2500円+税
  • 刊行:2011年12月
  • ジャンル:学会誌 (学会誌)
内容:中北浩爾、菊池信輝の2氏による論文、青木深氏による研究ノート、渡辺純子、赤澤史朗の2氏による研究動向、 資料紹介、同時代史の現場、書評、文献紹介などを掲載。
同時代史研究 第3号
同時代史学会編
  • 著者:同時代史学会編
  • 定価:本体2500円+税
  • 刊行:2010年11月
  • ジャンル:学会誌 (学会誌)
内容:
同時代史研究 第2号
同時代史学会編
  • 著者:同時代史学会編
  • 定価:本体2500円+税
  • 刊行:2009年12月
  • ジャンル:学会誌 (学会誌)
内容:黒崎輝、及川英二郎、永江雅和の三氏による論文のほか、研究動向、書評、文献紹介などを掲載。また、学界と市民を結ぶ“現場”を紹介する「同時代史の現場」欄も新たに登場。
同時代史研究 第1号
同時代史学会編
  • 著者:同時代史学会編
  • 定価:本体2500円+税
  • 刊行:2008年12月
  • ジャンル:学会誌 (学会誌)
内容: