山崎志郎(ヤマザキシロウ)

首都大学東京大学院社会科学研究科教授

戦時日本の経済再編成 〔オンデマンド版〕
  • 著者:原朗・山崎志郎編著
  • 定価:本体5700円+税
  • 刊行:2006年03月
  • ジャンル:経済史・経営史 (経済)
内容:石炭などの重要産業から、繊維・菓子製造業、貿易・配給流通機構における「中小企業整備」の実態を探り、戦時日本の総動員体制の再編成を解明する。
戦時日本の経済再編成
  • 著者:原朗・山崎志郎編著
  • 定価:本体5700円+税
  • 刊行:2006年03月
  • ジャンル:経済史・経営史 (経済)
内容:石炭などの重要産業から、繊維・菓子製造業、貿易・配給流通機構における「中小企業整備」の実態を探り、戦時日本の総動員体制の再編成を解明する。
管理された市場経済の生成
介入的自由主義の比較経済史
  • 著者:雨宮昭彦/J・シュトレープ編著
  • 定価:本体3800円+税
  • 刊行:2009年03月
  • ジャンル:経済史・経営史 (経済)
内容:大恐慌、ファシズム、世界戦争の中、資本主義は「管理された市場経済」へと進化し、経済的自由主義は〈統治のテクノロジー〉へと変容をとげる。比較経済史の可能性を追求。
戦時金融金庫の研究
総動員体制下のリスク管理
  • 著者:山崎志郎著
  • 定価:本体4600円+税
  • 刊行:2009年12月
  • ジャンル:経済史・経営史 (経済)
内容:戦時金融金庫の発足から敗戦までの業務を明らかにし、戦時経済総動員体制の中で、軍需関連産業の資金調達やリスク管理が、どのように確保されていたかを明らかにする。
高度成長始動期の日本経済
  • 著者:原朗編著
  • 定価:本体6400円+税
  • 刊行:2010年06月
  • ジャンル:経済史・経営史 (経済)
内容:高度成長期を統計的に概観した上で、 1950年代を主な対象に、市場環境・経営戦略・ 業界の協調行動・産業政策・制度設計を検討し、 成長の始動要因を描く。
戦時経済総動員体制の研究
  • 著者:山崎志郎
  • 定価:本体18000円+税
  • 刊行:2011年02月
  • ジャンル:経済史・経営史 (経済)
内容:市場制度の歴史的設計と実験という観点で分析し、金融・産業育成・産業調整やその関連政策を素材に、戦前と戦時、戦時動員と統制解除後の政策の実態を詳細に解明する。
物資動員計画と共栄圏構想の形成
  • 著者:山崎志郎
  • 定価:本体14000円+税
  • 刊行:2012年02月
  • ジャンル:経済史・経営史 (経済)
内容:戦時統制経済の根幹である物資動員計画は、国際環境の変化の中で自給圏構想に変容していく。軍需と民需の調整、主要産業の生産計画、刻々と変化する経済事情と政策当局の状況認識に迫る。
太平洋戦争期の物資動員計画
  • 著者:山崎志郎
  • 定価:本体22000円+税
  • 刊行:2016年12月
  • ジャンル:経済史・経営史 (経済)
内容:戦略資源の安定確保と長期持久戦体制を目指した大東亜共栄圏構想。その経済的実態を、物資動員計画など貴重なデータで丹念に検討し、戦時経済総動員の全体像を描いた力作。

著者検索